トップ  
<< 春も近くなってきた。 最近のリンゴジュースは… >>

楽しい事なら、いっぱい! …かも? since 04.6.15
by pepe-san
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
伊東屋という文具店
好き。

すごく好き。

渋谷駅に入っているので、たまに覗きますが、一番良く行くのは、二子玉川の高島屋。
元々は、4階だけに店舗があった時代から、よく行っていた。
今は、3階と4階にフロアがあって、店舗内の階段で繋がっているのだ。
アソコに行くと、2時間くらいは眺める事もシバシバ。
紀伊国屋書店とセットになると、一日中になる(笑)

あの頃は、なんて暇だったんだろうか。

ところで、伊東屋では、200円買うと10円分のメルシー券をくれる。
割引券だ。
ここにミソがある。そして好きだ。

1000円のモノを買うとする。
今の日本では、消費税が5%だから、支払金額は1050円だ。
当たり前だ。

では、50円のメルシー券を持っているとして、
大概のお店で、この割引券の類を使うと、支払額はいくらになりますか?





そりゃ、『1000円』でしょ?

そう、そう感じますよね。
でも、伊東屋で使うと、支払額は997円です。

ん?

そう、商品代金「1000円」-メルシー券「50円」=950円
消費税5%なので…
950×1.05=997.5 → 『 997円 』です。

僕もこれが当たり前と思っている。

よく、割引券が沢山乗っている無料雑誌あるよね。
ホッ○ペッ□ーとか。
あの手の店に行きますと、2000円割引券があったとします。

税込食費7000円(税抜6667円)だった時に、この券を出すと…

支払額『5000円』に大抵なります。

消費者にとっては、勿論、前者の方が得です。

でも、だから言っているのではなく、納得がいかんのですな。

自分の店の代金を2000円引くのであれば、
飲食費6667-2000=4667 ←これに消費税だろ?

となると、4667 × 1.05 = 4900.35 → 4900円
が、正しいのではないのかな?

消費税込みの金額に割引券を使うとなると、それは割引券ではなく、貨幣扱いになるんじゃないか?

ま…元々ただだから、いいけどさ。
[PR]
by pepe-san | 2006-02-11 23:02 | つれづれ…
<< 春も近くなってきた。 △ ページ トップへ △ 最近のリンゴジュースは… >>