トップ  
<< Traffic Toolbox... Disk2 終了 >>

楽しい事なら、いっぱい! …かも? since 04.6.15
by pepe-san
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
伊丹から但馬に…お散歩を
[2005.2.6記述開始・2.12完成]
a0028136_21434100.jpg
さてさて、ここはどこの空港でしょうか?

おわかりになりますか?

あくまで、僕の環境ですので、各機には注目してもヒントはありません。
今度は、SAAB340Bで、ここから飛んで行こうかと思います。


手前は、JALですが…
後ろは…あれ?もう完成しましたっけ?A380。しかもエールフランスかよ(笑)
右奥には、コンコルドか? 更に奥の大群は、CAL?
この時間に、CALの大群がいるとは、僕自身驚きました。
でも、建物を見れば、分かりますよね。
旧管制塔と、新管制塔。ラ・ソーラとかサ(笑)

続きは、目下考え中。
何かご要望があれば、コメントしてってね。大歓迎さ!!


さて、今日の出発は08:55伊丹空港から、但馬空港へ。
但馬空港の定刻は09:35ですから、40分の実に短距離フライト。

僕は、大阪に5年間赴任していたことがありまして、実は伊丹空港・関西空港・八尾空港・但馬空港という関西の空港があるエリアばかり(結果として、あくまで結果としてですか)担当していた時期がありました。
勿論、毎日が楽しかった事は言うまでもありません。
国内の主要機種は勿論、一般の航空機、国際線も見れたのですから。
そして、名機とも会えましたしね。。。その話は後ほど。(気付いた人もいる?)

さて、今朝は快晴。。。たまたまですがね。一応、現在の気象でダウンロードしたのに…。
こういう日は、ラッキーというほかありません。

今回の巡航高度はFL120を予定。
無事にクリアランスを受けたら、さて滑走路に向かいましょう。
伊丹空港はご存知の通り、平行滑走路2本の国内でも恵まれた空港です。
今日の機材SAAB340は、短い1828m、32Rを指定されました。
上の写真は、丁度タキシングを始めた所、JALに先を譲って32Rへ。

今日のエンルート[RJOO-YODOH-KOHBE-HYOGO-ASAGI-RJBT]
SIDは、「HYOGO 1」

さて、32Rのセンターにアラインしたら、指示を待ちます。
"COMMUTER491,Cleared for Takeoff"
いざ出発!!
a0028136_2151020.jpg
今日の大空が待っています!

伊丹空港の32R/Lから離陸したら、左旋回して大阪湾を目指します。
今日のSIDは、HYOGO 1。
RWY HDGで500ftで左旋回。
ITAMI NDB(OW)の201 DEGのアウトバウンドコースで、YODOHへ。
YODOHで右旋回をして、SHINODA VOR(SKE) R-321に乗ります。
KOHBEを6000ft以上で通過、この辺りで自動操縦をON!
a0028136_2154658.jpg
遠くに見える海上施設は、関西空港。
大阪湾は伊丹・関西・八尾と航路が隣接しているので、要注意。
ここに神戸空港も入るのですから、更に航路が入り乱れですね。
SHOT右側に明石海峡大橋が見えています。

今日のクリアランスは、8000ftまで取れているので、グングン上がります。
a0028136_216986.jpg
SHOT左下に明石海峡大橋。
ここいらが、日本の標準時。東経135度。明石市立天文科学館もこのあたり。

SKE R-321で進み、ASAGIインターセクションで、いよいよ但馬空港に向かいます。
もう、TAJIMA VOR(THE)は、NAV1で受信できてますよね。
THE R-010をインターセプト、そう、ここがASAGIです。
インターセプトしたら、ぼちぼち降下の準備が必要になります。

今回も単純明快なコースでしょ?(わざと、そうしてるんだけど…)

但馬空港は、山間部にある空港です。
近づいていって、この辺りにあるはずなんだけど…
もうPAPIが視界に入っても良いはず… と、探してもなかなか探せません。
しっかりと、目を凝らしてくださいね。

いつもの経験で、空港の位置を探して下さい。
計器を信じて、高度を下げていきましょう。

更に近付くと、まるで秘密基地のように、但馬空港が姿を現します。
標高176.1m…、578ftです。ウッカリしないように気をつけて。
山間部のしかも、砲台型地形の空港なので、周囲の地形で高度を取ろうとすると、間違いやすいので、要注意。
計器を見て、しっかり判断をしてくださいね、機長!

滑走路が見えたら、根性でセンターをキープします。
a0028136_216376.jpg
a0028136_218595.jpg
無事に着陸できたら、ターミナルまで向かいましょう。

如何でしたか?今回のフライトは。
折り返し492便として、10:00の出発に向けて、少しの羽休みです。
ここ、但馬空港は、愛称「コウノトリ但馬空港」と言います。

そして、何より名機「YS-11」(JA8734)が屋外展示されています。
実物のYSはまだ国内を飛んでいますが、僕が簡単に乗れる環境にない。
でも、このYS-11は、何回見に行ったことか(笑)
隣には、エアロコマンダーが屋外展示されています。
なかなか見ごたえたっぷり。
SHOT右下のYS-11が、この展示機。但馬空港シーナリーに付属です。
このシーナリーはなかなか気に入っているので、良かったら、検索で探してくださいね。
a0028136_2165974.jpg
ただ…、但馬空港にJUMBOは、来ません(笑)
これは、僕が敬意をこめて、但馬にAI機を飛来させています。
AFCADで、大型機のランプを作って、僕の環境では一日数回B744を見ることが出来るようになってます(笑)

以前は、ただ飛ばすだけだったのですが、こうして少しリアルっぽく現実とバーチャルを重ねて飛んでみると、けっこう楽しめちゃったりしますので、FSは止められませんね。

今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

但馬周辺で、昨年の台風で被災したみなさん。
復興は如何でしょうか?無事だった方々も、残念にもそうでなかった方々も、是非明日を見据えて、希望を捨てないでもらいたいです。

周辺には、日高町出身の植村直己冒険館がありますので、是非いらしてください。
もう、豊岡は雪が多いのでしょうか?シーナリーにも雪が広がっています。
真冬にスタッドレスを履いて、出張に行ったのが懐かしいです。
出張は飛行機では行かせてもらえなかった(笑)

さて、ぼちぼち折り返しの準備があるのでこのへんで。。。
ごきげんよう!!



コメントは、下のCommentsをクリックだよ ↓

[PR]
by pepe-san | 2004-06-21 00:04 | MSFS
<< Traffic Toolbox... △ ページ トップへ △ Disk2 終了 >>